前へ
次へ

税理士試験の過程と内容

税理士試験には、大きく分けて会計科目と税法科目に分類され前者は複式簿記の原理、記帳・計算及び帳簿組織、商業簿記のほか工業簿記、会計原理、企業会計原則の財務諸表を指し、後者は法人税、所得税、固定資産税といった税金に関することで幅広い範囲に出題される難解な試験です。税理士試験の日程はインターネット上に告知されており年に1回3日間連続で行われます。試験の合格基準は60パーセント、合格科目が会計科目2科目、税法科目3科目の合計5科目に達したときです。そして合格後には日本税理士会連合会に名簿登録する必要があります。更に登録時の条件として実務経験が2年以上、登録手数料が5万円、登録免許税が6万円が必要です。

top用置換

top用置換2
Page Top